太陽光発電は汚れると発電量が減るらしい

電子れんじの小説と披露ショー > くらし > 太陽光発電は汚れると発電量が減るらしい

太陽光発電は汚れると発電量が減るらしい

ビルの上や少し高いところから見下ろすと、屋根の上に黒いパネルを乗せている住宅が目立つようになってきました。

言わずと知れた太陽光発電です。

ここ数年で導入費用が安くなっているのに加えて、電力買取優遇政策で発電した電気を高く買い取ってもらえるようになったのが原因です。

標準的な規模の太陽光発電システムだと、車一台分の費用で設置することができます。

そして発電した電力を売る事で副収入を得ることができるのです。

一昔前は設置するのに数倍の費用が掛かる上に、余分な収入を得る事が出来る余禄がなかったのですから、高い壁が瞬く間に低くなっていった印象があります。

私は以前から気になっていたことがありました。

それは、太陽光発電のパネルって外に置いておいて大丈夫なのかってことです。

もちろん太陽の光で発電するのですから、外にないと意味がありません。

ですが、雨の日も風の日も台風の日も同じ場所で耐えているのですから、何らかの不具合が出てきてもおかしくないのではと思うのです。

すぐに壊れるのではないかと思うのです。

でも実際はそんな心配はいらないようです。

私が心配することなど対処済みなのです。

パネルは100人乗っても大丈夫なくらい耐久性があります。

少し誇張が入ってます。

そこまでは行かないかもしれませんが、とても丈夫なんだそうです。

そして設置基準があって、台風くらいでは飛ばないくらいの強度で屋根に固定されるんだそうです。

ただそうは言っても絶対はないようで、発電量などを日ごろからチェックして問題がないかチェックを怠らないようにした方がいいです。

外に出しっぱなしの太陽光発電パネルには別の問題があります。

それは汚れです。

パネルの汚れやホコリがたまると太陽の光が遮られてしまいます。

軽い状態で数パーセント発電量が落ちるようです。

そのまま積もっていったら、後々には非常に困った状態になることが容易に想像できます。

キレイにするには屋根に登って掃除をするのが一番なのですが、危険なので推奨できません。

一般の家庭でどのような対処をしているのかというと、雨を待つのです。

雨が降るとホコリや汚れが落ちます。

そして良好な発電環境を取り戻すことができます。

日本では数ヶ月も雨が降らないということが無いので、何もしなくても十分なのです。

太陽光発電は汚れやホコリの影響はあるのか



関連記事

  1. 妻による不倫によっての離婚の場合でも...。
  2. 太陽光発電は汚れると発電量が減るらしい
  3. ハウスクリーニングでお悩みを解決