浪人時代の限られた時間を無駄にしない
国立大学の理系学部入学後、自分の将来について疑問を持ち、「社会に貢献してちゃんとした生き方をするためにも医者になりたい」と思い、両親の理解もあって浪人生活を経験。
その後再受験で医学部に合格した現役医学部生から、「浪人時代の時間の過ごし方」についてアドバイスをもらいました。
現役で医学部に合格すれば18歳、19歳は華の大学生活を送れますが、多浪生や再受験生は人生で二度とないその時期を、フラフラして浪人生活を送ることがないよう、規則正しい生活をしながらサボらずに、毎日ちゃんと勉強すれば受かるし、一秒でも早く医学部に合格することを最優先して欲しいということです。

初志貫徹で目標を曲げず、受験することも大切で、浪人生活の試練を分かった上で多浪生活を送っている受験生もいますが、医学部に入る、医者になるという意志が強ければ、浪人生はたくさんいるからとか、医学部合格は狭き門だからと納得するのでなく、限られた時間を無駄にしないよう、なるべく早く医学部に合格できるようにするべきと言います。
毎日朝9時から夜遅くまで規則正しく学習スケジュールを立て、メンタル面で辛いときは抱え込まずに、家族や友達、先輩、塾・予備校の担当講師などに相談してひとりよがりにならないよう、最善の受験勉強体制を作るようにというアドバイスです。
慶応進学会フロンティア



関連記事

  1. 妻による不倫によっての離婚の場合でも...。
  2. 学生の脱毛|腕のムダ毛処理ということになりますと...。
  3. 浪人時代の限られた時間を無駄にしない
  4. 久しぶりに、歩き運動になりました。
  5. 上位には勝てない
  6. 伊豆大島から中継
  7. 勉強して若者の仲間入り
  8. 夫の浮気・素行調査
  9. 欲しいDVDボックスのまとめ買いでのキャッシングについて
  10. 太陽光発電は汚れると発電量が減るらしい
  11. マイホームのために必要な事
  12. クラミジアの自宅検査キットが売られていた・・・買ってみよう
  13. 誤字脱字に気をつける
  14. ハウスクリーニングでお悩みを解決
  15. 婚活の極意